一番売れている太陽光発電メーカーsharp

by admin

太陽光発電の初期投資費用を抑えるために注目したいのが、どのメーカーの太陽光発電を選ぶかという点です。
太陽光発電メーカーは国内メーカーと海外メーカーに分けることができます。
国内メーカーは、sharp、パナソニック、京セラ、東芝、三菱、ソーラーフロンティアなど。
海外メーカーは、サンテックパワー(中国)、カナディアンソーラー(カナダ)など。
では、国内と海外のメーカーどちらがいいのかですが、性能を考えればやはり安心の日本製でしょう。
最近は海外メーカーの需要も高く、中国製なら日本製の太陽光発電に比べてかなり割安です。
価格に惹かれて海外メーカーのシェアも伸びてきているのですが、それでも日本国内の主力メーカーと比べたときに開発歴史は浅く、今後の成長は見込めますが安定性はまだまだです。
ましてやメンテナンスや故障した時の対応などを含めると、国内メーカーで固めておいた方がいいと言うのが結論です。
日本国内で高いシェアを誇っているのはsharp、京セラ、パナソニックになりますが、その中でも日本国内No1シェアを勝ち得ているのがsharpです。
その要因に、sharpは他のメーカと比べて価格が安いというメリットがあります。
通常、価格は発電力や電力変換率に比例するのですが、sharpは価格の割りに発電力や電力変換率が他のメーカーに劣るという事はありません。
実際に電力変換効率は業界の最高水準値です。
太陽電池の種類も多いので、様々な屋根の形状に合わせて設置できる仕様になっているのも特徴でしょう。
業界で最も早く太陽電池の開発を進めたという事もあって、コストを抑えて消費者に提供する事ができるようになっているようです。
太陽光発電は、屋根との相性や地域の気候などを考慮して選ぶ必要があるので、どの家庭に対しても無条件でsharpをオススメできるわけではないですが、総合的に考えてコストパフォーマンスで最も優れている主力メーカーになります。