自然エネルギーで発電

by admin

2011年に発生した未曾有の大震災によって日本が失った物はたくさんあります。
その一つに電気の供給がありました。
福島原子力発電所の津波事故で一時期、日本はどうなるかという状態にまでなり、良くない現状は今後数年は続いていくことになるでしょう。
電気のありがたみを知る機会になったのと同時に、原子力発電に対する懸念の声も増えています。
実際、今すぐにどうこうできる問題ではないですが、長い目で見て原子力発電に頼らない電気の供給を考える必要が出てきているのが現状です。
そこで注目されているのが自然エネルギーの存在です。
自然エネルギーというと太陽の光、地熱、水、風などを電力源としています。
自然は地球が存在する限り枯れることはないということで、非枯渇エネルギー、再生可能エネルギーとも呼ばれています。
国組織で自然エネルギーの開発に目を向けており、実際に自然エネルギーで電気を供給している部分もあるんですが、それでも全ての電力をまかなうことはできないのが現状です。
そのため、現時点では原子力発電を完全廃止することは不可能だとされています。
また、こんな状況だからこそ国民の一人一人が自然エネルギーを用いて自分で発電する必要も出てきているんじゃないかと思います。
自家発電というと、太陽光発電があります。
太陽電池モジュールというパネルを屋根の上に設置して、そこへ太陽の光集めて吸収することで発電できるシステムです。
太陽光発電システムで発電した電気は自宅で消費することができ、また、あまった電気は電力会社に売ることもできます。
いつの日か太陽光発電が一般に普及して、家庭で電気を発電するのが当たり前のことになるかもしれません。
今なら太陽光発電発電の導入に補助金が出る制度もあります。
予算が無くなり次第補助金は出なくなるので、お得に太陽光発電を導入するのなら今がチャンスでしょう。
将来を見越して、太陽光発電の導入をオススメします。