豊富な顔を持つ松山市で太陽光発電を

数十年前には、四国には本州からの道路も通っていませんでしたし、何となく田舎のイメージがありましたが、現在では人も多くなり、観光や豊富な自然の素晴らしさだけではなく、都市としての魅力もある場所であるといえます。
特に松山市は四国の中でも一番の人口を誇り、農産物や豊富な自然、そして温泉や観光地といった顔と共に、都市的な魅力もあります。
基本的に、本州でも平野部に人口が集中していたり、極端な雪国や、反対にずっと暑いという場所には人口が少ないことからも分かるように、松山市は暮らしやすい環境もあります。
そう考えると、気候でエネルギーの発生量が左右される太陽光発電にも、松山市は向いているといえるでしょう。
気候としても、極端に暑くなったり寒くなったりもしないので、ソーラーパネルへの負担という概念で考えれば、かなりいい場所であるといえます。
もちろん、雨や曇りの日が多いということもなく、むしろ日照時間は長いほうであるというのも、見逃せませんよね。
せっかく、素晴らしい観光地や豊富な自然があるのですか、その場所でクリーンなエネルギーを利用しながら暮らすというのも、非常にいいことだと思います。
私自身、松山市に暮らしているわけですが、やっぱり地元を愛していますし、この環境を守って行きたいと思っていますからね。
松山市から太陽光発電をする人が増えて、他所の国のように石炭に頼って空気を汚してしまうということの無い日本になたらそんなにすばらしいことは無いです。