愛媛は太陽光発電に適している。

太陽光発電は二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーとして脚光を浴びている。
京都議定書締結以降日本も排出削減の義務を負い自然エネルギーや原子力がその代替のエネルギーとして認知されたものですが、
その原子力が福島原発の事故によって制御できないエネルギーとして問題を提起しています。
太陽光発電を設置するには経済的なメリットが必要です。
同じ太陽光発電の装置であっても発電量に違いがあります。
太陽光発電の欠点は太陽光の無い時間は発電しないと言うことです。
つまり、
夜は発電しないのです。
そして日照時間によって発電量は違ってきます。
愛媛県の日照時間は大変良い数字が出ています。
また太陽光発電を設置する場合初期投資が必要です。
またその資金を回収するにはどのくらいの年数がかかるかを図る必要があります。
愛媛県の補助金は県と市町村の補助金があり国の補助金とあわせてかなりの部分を賄うことができます。
日照時間に恵まれ初期投資の金額も補助金によって圧縮できることから愛媛県は太陽光発電の条件がそろっています、