自然エネルギーの活用が今後更に進むでしょう

風力発電システムや太陽光発電システムに代表する自然由来のエネルギーを利用して電気を発電する再生利用可能なエネルギーの活用は、その日その時のお天気まかせと考える人が多く、従来は消極的にとらえられていました。
しかしこの数年で社会情勢が大きく変化し、明らかに再生利用可能なエネルギーの活用については社会の見方が変化しています。
低炭素社会の実現に向けて発想を転換したり、地球温暖化対策を個人レベルで取り組もうという思想が一般化し、再生利用が可能なエネルギーの重要性が認識されつつあります。
愛媛でも太陽光発電システムの普及が進んでおり、自然エネルギーの活用が今後更に進む事が期待できるでしょう。
特に住宅用の太陽光発電システムについては、これまで長年製造メーカーによる技術開発が進められ、格段の性能アップと低価格での商品化が進んだ事により、経済性と発電システムの信頼性がかなり向上しています。
今後は太陽光発電システムが社会インフラの一部になるでしょう。